たんぽぽ仮面のタイムライン

たんかめは言葉と絵とお酒にムズムズします

〈リメイク絵〉

探し物をしていたら、クリアファイルの中から、懐かしいものが出てきた。23年前に描いた女の子のイラストだ。

f:id:retimeline:20220404224210j:plain

当時私は、紙になにかを描いて(書いて)いるのが暇つぶしだった。すると時々「おおコレは」と思えるものが描けたりする。そういうものには日付と、厨二病感あふれる自分の名前のサインを添えていた。

それが、出てきたのだ。ギョッとしたり恥ずかしくなったりするどころか、

「案外、結構いいじゃないか。」

と思ってしまった。なのでパソコンでそのイラストを切り抜き、背景やらを加工して、アイコン風にしてみた。うんうん、と満足する。

f:id:retimeline:20220404201648j:plain

が、しばらくしてハッとした。

「23年も前に描いたものを気に入るって、ダメなのでは?普通、過去の未熟さに身悶えるのでは。この時から成長できていないということでは??」

私は今、これを超えるものが描けるようになったのか?SNSには、クオリティの高いイラストを毎日のようにアップしている方がいっぱいいらっしゃる。

私は毎日アップできるようなものを描けていない。焦る。

リメイクしてみようかな、と思った。もう一度、この絵を同じように描いてみようか。

f:id:retimeline:20220404201716j:plain

果たして進化しているのか、退化なのか・・・。描きながら

・首は前より太く描くようになった

・顔のパーツを描きながらこの後の化粧のことを考えるようになった

・この帽子はナイな(笑)

など感じていた。上達というよりも、「前はこう、今はこう」と思う箇所だけよく分かった。

f:id:retimeline:20220404201742j:plain

画風が少し変化して見えるのは、23年前はアナログ(紙とペン)で今はデジタル(パソコン)だからかもしれない。

絵の女の子にお化粧をするようになったのは、自分も化粧をするようになったからだと思う。絵のお顔にカラフルに塗りたくるのは楽しくて、最近好きなんだなと認識する。

---

この一連のリメイクに関して、とあるSNSのフォロワーさんからいただいたコメントが嬉しかった。

「昔のアナログ絵を今デジタルで描いて比べてみるのって、自分の好みや経験の積み重ねや、色んなことが合わさって雰囲気が変わるんでしょうね」

と。なるほど。好み、経験、積み重ね。良くも悪くも、23年分の生活ぶりがアウトプットされてしまうんだろう。年齢を重ねたことでの特徴が出てくるということだ。

もしまた、20年後にこの絵をリメイクしたら、どんな風になるんだろう。その時は、胸を張れるような味わい深いものが描けていたら良いんだけれど。

〈一目惚れ @丸善日本橋店〉

暇があったら丸善に行くようにしている。狙っていったわけではないけれど、

honto店舗情報 - 北欧ビンテージ雑貨フェア

をちょうど開催していてとても良かった✨

f:id:retimeline:20220311202656j:plain

めっちゃ可愛いので見てください…!

出店している「アップルシードビーズ」のオーナーさんのお人柄にすっかり惚れ込んでしまい、その場でイヤリングを仕立ててもらった。

オーナーさんは、九州でカフェを営みながらヴィンテージ雑貨を販売していたらしい。だんだんカフェより雑貨販売のお客さんが多くなっていき、今ではアメリカ在住、ヨーロッパに自ら買い付けに行ってショップを経営。ご自身でハンドメイドアクセサリーも製作・販売なさっているという。

商品の説明を嬉しそうにするオーナーさんは素敵で、商品よりもオーナーさんの佇まいに釘付けになっちゃう。「この作家さんのものがほしい」と客に思わせる人。

ネット販売が普及して、世界中の商品を簡単に手にできるようになったから、「何を買うか」より「誰から買うか」の比重が私のなかで大きくなっているのを感じた。

ハンドメイドだから量産モノより値が張るけれど、この人が手掛けた一点モノだというのが価値になって欲しくなる。

f:id:retimeline:20220311190611j:plain

イタリアのビーズ✨同じものは2つと無いそう。

一目惚れのお話でしたっ。

〈「鬼滅の刃」読書感想文〉

「きめつのやいば」をよんで

3ねん7くみ たんかめ

※注意 「鬼滅の刃」のネタバレを大いに含みます。最終話まで読んでの個人的考察メモとして書いているので、まだ物語の展開を知りたくない方は読まないでください!

〈目次〉←笑

  • (1)はじめに
  • (2)「贈与」の物語 〜与えられ、与えること〜
  • (3)歴代最強の柱たち
  • (4)炭治郎達若手隊士の成長
  • (5)おわりに
続きを読む

〈文通〉

文通相手に手紙を書いた。仙台市青葉区にある「ニハチ喫茶」のオーナー・M穂宛だ。

手紙を書かなくなってだいぶ経つので、家にあるレターセットは100円均一で買ったものしかない。100円でも可愛いと思うものを買ったけれど、せっかく久しぶりに文通相手に書くのだから…と考え直して、丸善の文房具売り場に行き、春めいた柄のレターセットを購入した。

何も予定のない休日、書き始めたら止まらなくて、3時間くらいかかって書いた。ちまちました文字で、ぎっしり便箋6枚に渡った。懐かしい。こどもの頃はこうやって、週に何度も、友達に手紙を書いて過ごしていた。楽しいな。

シャーペンの芯が、和紙の便箋の上でかりかり削られる。なるべく綺麗に読みやすいように書こうという気持ちがあるからゆっくりめに文章を書いているのに、日頃スマホで文字を打つ時の速さで言葉が出てきて、少し戸惑った。昔はこんな風じゃなかった気がするなぁ。言葉を手書き文字で書き記すのと、言葉を機械にタイピングするの、脳みその動き方が違うのかなぁ。

ようやく書き終えて、達成感があった。時間をかけてしたためたものに封をして、似合う切手を選んで貼り付ける。なんせ和紙の便箋6枚が二つ折りになっているもんだから、封筒が少し膨らんでしまう。これもいい。中身の詰まった封筒、ワクワクする。M穂の手紙も、毎回こうやって膨らんだ封筒で来たものだ。

手書き崇拝ではないけれど、やっぱりこうして、何日かかけて相手に届いて、相手も時間をかけてそれを読むって、満ち足りた時間だなと思うのだ。

メールやLINEは、乗り換えの最中とかトイレの中で読めちゃう気がするけれど、手紙の封書が届いたら、コーヒーでも淹れて、読むための時間を整えてから、腰を落ち着けて読むと思う。

f:id:retimeline:20220212235555j:plain

そろそろM穂に届いた頃か。外の空気のせいで、封筒は冷たくなっているんだろう。春の柄はまだ気が早かっただろうか。

〈LINEスタンプ販売のお知らせ〉

LINEを使っていて、ここでこういうスタンプ欲しいなぁと思うことがあります。自分が欲しいのは、①モニっとした体型のキャラクター、②普段LINEのやり取りでよく使う言葉が多め、③テンションが高い感じのものと、無難なものが織り混ざったラインナップ。

ないかな、カエルがいいな。と探したのですが、見つけられず。なので、自分でLINEスタンプと絵文字を作ってみました(唐突)。

今のところ、カエルが中心のスタンプ↓と(※たんかめはカエルが大好きです)、

f:id:retimeline:20220204001916p:plain
f:id:retimeline:20220203173832p:plain
f:id:retimeline:20220203173821p:plain
f:id:retimeline:20220203174048p:plain

白いおまんじゅう中心のプニプニしてる絵文字↓。こちらは、日本語話者でない方にも使って欲しいのでセリフは無し。

f:id:retimeline:20220203174312p:plain
f:id:retimeline:20220203174345p:plain
f:id:retimeline:20220203174259p:plain
f:id:retimeline:20220203174213p:plain
f:id:retimeline:20220203174220p:plain
なんと…、右端の2つの絵文字は、連続で押すと絵がつながりますっ

f:id:retimeline:20220204200752j:plain

こんな感じに。

ハートフルなほっこりしたのを多めにしましたが、そんな毎日ばかりじゃないですよね(白目)。

例えば、疲れや怒りのあまり語彙が死んでしまう時。何もかも放って寝ちまいたい時。だから、そんなスタンプも描きました。「ネガティブな気分になることがあっても、その悲劇すら何だか笑えて来ちゃいますように」、そんな願いも込めつつ(なんだそれって感じですが、けど、ありますよね、LINEスタンプ1個で笑い話に変われちゃうことが)。

f:id:retimeline:20220203174726p:plain
f:id:retimeline:20220203174812p:plain
f:id:retimeline:20220203174719p:plain
f:id:retimeline:20220203174739p:plain

バレンタイン企画「気持ちを伝えるスタンプ特集」にもエントリーしているので、伝えるのは好意ばかり!のスタンプもあります。↓

f:id:retimeline:20220204001505p:plain
f:id:retimeline:20220204001559p:plain
f:id:retimeline:20220203173954p:plain
f:id:retimeline:20220203175316p:plain

この記事を読んで、スタンプかわいいなと思っていただけたら嬉しいし、使っていただけると更にとっても嬉しいです•••120円です。1個売れるごとに平伏して御礼申し上げます。

見てみるだけでも良いので、下のリンク(LINEストア)をぜひぜひ覗いて行ってください。

▶︎ret (たんかめ)作 スタンプ &絵文字 LINEストアはこちらから

今後じわじわとラインナップを充実させていきたいと思います。オフィシャルな相手にも使える、落ち着いたものも作っていく予定です!

f:id:retimeline:20220205144850j:plain



〈江東区DV相談窓口ポスターを手がけました〉

f:id:retimeline:20220122220402j:plain
f:id:retimeline:20220122220344j:plain


江東区さんの「DV相談窓口」のポスターをデザインさせていただきました。江東区広報板、図書館や警察等区内公共施設に掲示されているそうです。

私はポスター作成という間接的な関わり方しかできないけれど、どうか必要な人に情報が届き、一人でも多くの救済に繋がりますように。

※区内某所のポスターを見かけて撮ってくださった方々から画像をお借りしました。

〈好きと言う〉

友人が「ニハチ喫茶」と言う喫茶店のオーナーをしている。仙台市青葉区にある。

f:id:retimeline:20220117175944p:plain

その友人・M穂との出逢いは、小学生の頃やっていた通信教材の情報誌の1コーナー「文通相手募集!」をきっかけに文通を始めたことだった。私は当時文通が趣味だったので、文通相手が他にも何人かいた。けれど、いまだに連絡を取り合うのはM穂だけとなってしまった。

M穂はこどもの頃から感性が瑞々しくて、撮る写真は味があり対象物の選び方からセンスを感じた。たくさん本を読むからか文章を紡ぐのも上手だった。金子みすゞさんの詩集の「あとがき」に、小学生の読者からのお手紙紹介というかたちでM穂が登場していたりして、かっこいいなあと思っていた。

M穂は左官になりたいと志したり、地図をかくバイトをしたり、引っ越したり、カフェで働いたり、引っ越したり、古民家再生の活動をしたり、引っ越したり、「ニハチ喫茶」をオープンしたり、手紙がくるたび近況が変わっていた。「ひとところに留まりそうなタイプかと思っていたのに意外だな」と楽しく読んでいた。

確かにM穂は居住地だけで見ると流動的で身軽なんだけど、いつも「好きなこと」を選んでいた。それはいつもM穂の芯にあって、ブレていないことに気づいた。

f:id:retimeline:20220118204136j:plain

そんなM穂の新年の抱負の一つは「好きなことを好きと言う」。

それ、いいなぁ。年齢を重ねていくと、「ただの自分」の外側にいろんな役割やレッテルが張り付いて、屈託なく「私はこれが好き」と言える機会が少なくなってくるように思う。母親の癖に変かなとか、誰かに何か思われるかなとか。

私はコロナ禍になってから、いつどうなるかわからんと思ったので、意識的に着たいものを着て、したい髪型にして、やりたいことをやりたいと言って、やるよう心がけた。そしたら、だいぶ気持ちが楽になった。

だってこんな、ブログを書いて公開するとか、誰宛だよなんのためだよ日記にでも書いてろよって引くし、変人感満載だけど、これが好きだしやりたいからやる。それによって離れる人もいれば声を掛けてくれる人もいる。読んでくれる人もいれば興味がない人もいる。それでいい。私がただやりたいだけから。

私はこのどでかい地球のなかで塵(ちり)のような一粒にすぎない。塵のミクロな一粒が青かろうが赤かろうが、誰も気づかないし誰かの生活に影響もしない。私がある日突然モヒカンにしようがピンヒールを履こうが、きっと明日もまた陽は昇るし、夕焼けは綺麗だし、洗いたてのラグに限って牛乳をこぼされる日々が続くのだから。

さて話を戻して「ニハチ喫茶」。オープンしたと連絡をもらってから、いつかいつかと言って結局行けていない。そしたらコロナ禍になって移動がしづらくなってしまった。なんてこった、私は何してるんだ。

当記事を書くにあたってM穂に連絡をとったら、M穂からは私の予想もつかない話が返ってきて、この、LINE一発で用事が済んでしまう令和の世にあえて、数日かかる遅々とした手紙のやりとりをしたい気持ちになった。(ここでオンライン飲みしようよ、とならないのが"文通相手"なのだ)

ふと、お気に入りの小説・よしもとばななさんの「なんくるない」を思い出す。作中の「いいなぁ、こういうのがほんとうに福を呼ぶ店で、実際こういうのは、普通の人に混じって普通のふりをしているんだ」というトラくんのセリフが、私は好きだ。それを「ニハチ喫茶」には感じる。行ったこともないくせにアレだけど、なんと言ったってM穂の大切に育てているお店なんだから。きっと普通のふりをして、誰かのための居場所をぽかんと開けておいてくれる気がするんだ。f:id:retimeline:20220118204126j:plain

自分の塵の色が、この前より変わってきたなぁなんて気付く事があるとしたら、こういうところでぼーっとしている時だったりする。

▶︎ニハチ喫茶 https://www.28-coffee.com

※記事中の画像は「ニハチ喫茶」さんからお借りしました。